豊愛キッズの特色

 

 共働きの親御さんに代わり豊愛キッズのスタッフが小学生のフルサポートをします。中学や高校に備えて基本的な学習習慣を身につけることを理念としています。

 

 豊愛キッズは子どもの発達を支援します。特に言語能力、計算力、イメージ力といった学問の基礎を重視し、将来実社会で必要となるコミュニケーション力の向上に重点を置いたカリキュラムを組んでいます。そこで以下のような教育を提案します。


 

    学問の基礎を身につける

 

豊愛キッズでは学習習慣を身につけるためさまざまな取り組みを行っています。学校から帰宅した後は宿題を行います。その後オプション学習を通して表現力を養います。

言語を駆使する力はすべての学問の基礎です。この言語能力を高めるため平日は読書クラブを開きます。お子様にはみんなの前で本を朗読してもらい、その後朗読した本について感想や意見を出し合います。

 

本を読み聞かせると子供の脳にはどのような変化が見られるのでしょうか?本を読んでもらっているときの子供は喜怒哀楽を生み出す脳領域を活発に働かせることが学術研究で実証されています。豊愛キッズは本の読み聞かせが子供の豊かな心を育む上で有効な手段であると考えています。そういった手段によって情緒を豊かにすることが言語能力の向上につながるのではないかと考えています。

 

基本的な計算力を養います。計算力は学問をする上で必要なスキルです。低学年からきちんと身につけておく必要があります。高学年になると複雑な計算が出てくるため低学年で学んだ計算力が前提になります。

 

図形を頭の中でイメージする力は空間認識力を鍛えます。実際に道具を使って問題を解くことで空間的に物をイメージ操作する力を高めます。このイメージする力は文章を読み書きするときも重要です。文章から頭の中に状況をイメージする力を養います。

 

    社会性の向上

 

共働きの家庭では家族で会話する機会が減る傾向があります。両親からコミュニケーションの仕方を学ぶ機会が少ないと学校での集団生活に影響を及ぼすようです。

 

豊愛キッズは集団でのコミュニケーションを通じて人間力を鍛え、日常生活の中で挨拶マナーなど礼儀を身に付け、対話力を養成していきます。対話は論理的思考に基づいて発信する力も必要です。これは日本の子供が苦手とするもので低学年から教育が必要とされています。考える事を楽しめる毎日が、お子様の心身を発達させ、お子様の人生を助けます。